まつげエクステとは

● 「マツエク」は、まつげに付ける人工毛!?

まつげエクステとは、「まつげエクステンション」の略で、「まつエク(マツエク)」などとも呼ばれています。では、「マツエク」の仕組みについて、どのようなものなのか確認していきましょう。
「マツエク」は、自分のまつげに1本ずつ人工のまつげを専用グルー(接着剤)で装着していく技術のことを指します。この時に使用する「人工毛」がエクステのことを表しているため、まつげエクステと呼ばれています。
ここでクリアにしておきたいこととして、「マツエク」は、「皮膚やまぶたに直接まつげをつけるものではない」ことを理解してください。「皮膚やまぶたに付けるならなんとなく心配…」と誤解されている方がしばしばいらっしゃるようです。 「マツエク」というのは、既に生えている自分のまつげ1本1本の毛根より1〜1.5mmの部分に専用グルー(接着剤)で装着します。ですから、施術中に痛みを感じるようなことは、ほとんどありません。

装着するエクステの長さや形は、好みに合わせて選ぶことができます。長さに加えて、太さ・カール・本数などを選ぶことができるのです。ナチュラル系、セレブ系、セクシー系、ゴージャス系など…多彩なデザインの中から憧れのまつげの演出が叶います。

「マツエク」は、日進月歩で進化しているので、カールの種類もどんどん新しくなっています。オプションでスワロフスキーやカラフルなストーンをエクステにのせるスタイリングもあります。目元にひときわ輝きを醸し出します。ゴージャスで華やかさがあるので、パーティやウエディングなどにおすすめです。 ますます「マツエク」の楽しさや選択肢が広がります。

● 「マツエク」の基礎知識

「マツエク」と言えば、連想するのがハリウッドセレブかもしれません。憧れのハリウッド女優の目元を目指して「マツエク」を付ける女性も多いですよね。
ここでまつげエクステの発祥について少し触れてみましょう。ハリウッドで誕生した…というイメージが強い「マツエク」ですが、意外や意外、まつげエクステが生まれたのは、実はなんと韓国なのです。

「マツエク」は韓国のつけまつげ工場で、今から約30年前に生まれました。韓国は言わずと知れた美容大国ですね。その後、ハリウッドや日本にその技術がもたらされ、世界的なブレイクに。さらに各々の国で技術が成長します。

日本に入って来たのは、約10年前ですが、2003年に現在主流となっている毛先が細い「マツエク」が誕生し、専用グルー(接着剤)はその性能をどんどん改良していきます。

現在、グルーの特性として、マツエクの持続性と安全性が必須となりました。
今では、女性の間では、その人気がすっかり定着して来た「マツエク」ですが、ここで「マツエク」のメリットについてまとめてみましょう。

まず最初に、毎朝のメイクがラクチン!というのが一番のようです。マスカラも付けまつげも必要がなく手間いらずというのは、忙しい朝にはうれしいですね。メイク時間が短縮できる、「時短」というのは忙しい女性にはぴったり。
「マツエク」してからは、メイクは口紅だけでOKになったという方もいます。
しかも目元がはっきりするので、簡単メイクなのに目力がアップします。ラクチンなのはメイクだけではなく、マスカラが不要なので、クレンジングやアイメイク専用リムーバーを使わなくてもOK、洗顔もラクラクに。ゴシゴシ洗わないことや負担をかけないことで目元のシワやくすみが緩和されることにつながります。

● 「マツエク」は、こんな人にぴったり!

つけまつげに比べて水に強いのがマツエクの特徴です。

どんな方にもおすすめしたいマツエクですが、こんな方には、ぜひ体験していただきたいです。たとえば、まつげが短い・薄い・量が少ない・まつげのボリュームアップしたい方など…目元をもっとはっきりと印象づけたい方。マツエクで目元の雰囲気がくっきりと鮮やかに引き立ちます。 目力をアップさせイメージチェンジされたい方には最適です。

また、マスカラやまつげパーマでまつげが傷んでしまった方も、「マツエク」なら、まつげにかかる負担が軽い毛質をお選びいただくこともできます。ただし、まつげパーマが残っていると、キレイにまつげエクステが施術できないため、まつげパーマが完全にとれた状態で「マツエク」は付けましょう。

そして「マツエク」は、自まつげ1本に1本ずつ付けるために、自分のまつげとの見分けがつきにくく、自然な仕上がりが魅力です。ナチュラル感をキープしたい人やすっぴんでも目元をはっきりと際立たせたい方にもぴったりです。

さらに、水にも強い事から、泣いてしまうウエディングの主役も、もらい泣きしてしまう出席者にもおすすめです。

目元の皮膚に直接ダメージを与えないマツエク。肌が弱くまつげパーマをあきらめていた方もほとんどの場合、装着可能です。ただし、目の病気を患っておられる方は施術できないことがあります。不安のある方、極度のアレルギー体質の方などは、各サロンに相談してみてください。サロンでは、施術前に必ずカウンセリングで健康状態をチェックします。施術しても問題なことがはっきりした場合のみマツエクの施術を行います。まずは、サロンへお電話で相談してみましょう。

当サイト内のすべてのデータ(画像・テキスト・ソースコード等)の著作権は株式会社ビューマインドに帰属します。無断転載、転用を禁止します。